HOME > 白馬エリア 白馬・小谷・大町 > 栂池自然園(つがいけしぜんえん)

  • 【白馬・小谷・大町】栂池自然園(つがいけしぜんえん)
  • 華やかな湿原の中でトレッキングを楽しんで

  • 白馬エリア 白馬・小谷・大町
  • 栂池自然園(つがいけしぜんえん)

  • 標高約1,900m、例年6月中旬からようやく雪解けが始まる、日本有数の高層湿原。総面積約100haの広さの湿原に、数百種もの高山植物が生息しています。本州で最も遅咲きといわれる水芭蕉の大群生が咲き、また7月から8月にかけて多くの花々が咲き誇り、園内は1年で最も華やかに。見どころのひとつは、白い綿毛のような果穂を揺らすワタスゲの群生。遊歩道からそよ風に揺れる可憐な姿をじっくりと楽しめます。園内の最奥には、日本三大雪渓の一つである白馬大雪渓を眼前に望むビュースポットもあります。ゴンドラリフト中間駅付近に2018年夏、フランス発祥で日本初のアクティビティが楽しめる「白馬つがいけWOW!」がOPEN。小さなお子様から大人まで、新感覚アドベンチャーを楽しめます。
掲載写真
メイン画像 ミズバショウ湿原(6月上旬~7月上旬)
サブ画像(左より)ロープウェイ、ワタスゲ湿原、白馬つがいけNOW!
住所
長野県北安曇郡小谷村千国乙
電話
0261-83-2255(白馬観光開発(株)栂池営業本部)
運行時間
8:00~16:20
※ゴンドラリフト・ロープウェイの営業時間は時期によって異なります。詳しくはお問い合わせください。
料金
おとな3,600円、小学生2,050円(ゴンドラリフト+ロープウェイ+自然園入園料セット)※2020年は未定。
営業期間
例年6月上旬~10月下旬(天候条件等により変動あり)
※12月~5月のゴールデンウィーク期間中はスキー場としての営業となります。
アクセス
JR白馬駅からアルピコ交通路線バス(栂池高原行き)で約25分、「栂池高原」下車、徒歩約3分(または白馬駅からタクシーで約20分)、「栂池高原駅」からゴンドラリフト・ロープウェイで約30分、「自然園駅」下車、徒歩約10分
※気候・自然条件等により記事・写真のような景色が見られない場合があります。

2020年1月10日更新